toggle
床面自動泡洗浄システム「アワシャー」
2019-11-18

介護業界の残業を減らす良い方法を考えてみた

みなさんこんにちは、アワフルです。

今回の記事では、介護業界の残業を減らす方法について

触れていこうと思います。

 

もともと日本は世界的にもトップレベルで

労働時間や残業が多い国でした。

 

そんな日本が急に「働き方改革」

長時間労働や残業をさせない取り組みが少々強引に根付いてきています。

 

その中でも、

介護業界は従業員の宿泊や夜勤が必要な職種で

過労という強いイメージから人が集まりにくくなってきています。

そんな介護業界の残業を減らすには、どうすれば良いのか?

話していきます。

介護業界の残業時間が多い理由は、お客さんの宿泊があるから

 

そもそもどうして介護業界の残業時間が多いのか?

という問題点ですが、

これはお客様が宿泊するビジネスモデルだからです。

 

介護に限らずに、病院、ホテル、ゲストハウス

など入院や宿泊など、名前が違えどお客様が連泊する仕事には、

拘束時間が長いことがどうしても付いて回るものです。

 

これ自体は仕方がない事なので、

拘束時間が長いことを前提にして、対策を打つことが大切です。

関連記事の介護業界の人手不足に関してのものを下記に載せておきます。

→ 介護の人材不足を解消する為の具体案を話してみた

介護業界の残業が多いもう1つの理由は人手不足だから

引用元:http://www.abukuzeni.net/entry/2017/06/07/

 

介護業界の残業が多いもう1つの理由には「人手不足」があります。

今の日本では少子高齢化の事もあって、

ほとんどの業界が人手不足の問題を抱えています。

 

本来であれば、3人でやるはずの仕事が2人で行う事が余儀なくされたり、

たった1人で3人分の仕事をしなければならない現場もあります。

となると、

時間内に仕事が終わらない為に残業しなければいけなくなります。

現実的に人手不足の解消は中々難しいものです。

 

介護の離職率に関しての関連記事を下記に貼っておきます。

介護業界の離職率を減らす為に厨房の床清掃の自動化が大きく貢献できる

 

これらの事を前提にして、

介護業界の残業時間を減らすにはどうすれば良いのか考えてみました。

介護業界の残業時間を減らすには、外国人労働者を増やすのも1つの有力な手段

引用元:https://arte-kigyou.com/page-772/page-777

 

介護業界の残業時間を減らすには、

外国人労働者を増やすのもかなり有力な手段です。

今の日本の状況であれば、少子高齢化がどんどん深刻化しています。

 

今の60歳前後の団塊の世代は占める人数が凄く多いのですが、

彼らがどんどん引退してしまうわけです。

だけど新社会人の18歳から20歳くらいの年齢層は決して多くありません。

 

アジア圏を中心とした外国人労働者は、

かなり一生懸命働いてくれる人が多いです。

もちろん全員が全員そういう訳ではないかもしれませんが、

少なくても国を渡って仕事をしに来るという強い覚悟を持ちながら来日してきています。

 

先ずは最低限の人数の補充をすることは、

他の従業員を安心させる効果もありますし、職場にフレッシュな風が流れてモチベーションが上がります。

介護業界の残業を減らす為に人がやらなくて良い業務をシステムに任せる

引用元:http://kigyo-ka.com/00430/

 

残業を減らす為には、人がやらなくても済む業務はシステムに任せていくべきです。

全部を自分たち人間の手で行う考え方は、人の手が余っているときにだけ有効です。

人が足りない状況で、全部を自分たちでやろうとするのは、精神的にも体力的にも限界が来ます。

 

今ならITツールも沢山ありますし、自動運転が可能な車いすも開発されています。

その中でも、私たちアワフルが提案できる自動化のシステムを紹介します。

厨房の床洗浄を床面自動泡洗浄システムにお任せする

シンク下 泡洗浄

 

50人以上が定員の介護施設には、厨房があります。

厨房は施設内でも最も汚れやすい場所と言っても過言ではありません。

フライヤー周辺の油汚れや、手の届かない什器下に汚れが溜まってしまうことなど

 

働き方改革で時短が求められながらも

手を抜く事が出来ないのが掃除であり、最も汚れやすく体力的にもハードなのが厨房です。

その厨房の床洗浄を自動化してしまえば、数々のメリットがあります。

 

厨房の床洗浄を自動化すれば、他の仕事と同時進行で行うことが出来る

厨房の床洗浄を自動化すると効率の賜物になります。

厨房の仕込みをして、食事を出して、後片づけをする一連の仕事だけでも、

相当な気力と体力を使ってしまいます。

 

しかし、その後にバケツに水と洗剤を混ぜて

床洗浄をするとなると、相当時間がかかってしまいます。

残業も多くなってしまいますし、体の負担も大きくなります。

 

しかし、床面自動泡システムを導入すれば、

厨房の仕事をしながら同時に床洗浄を行うことが可能になります。

 

厨房の什器下からの害虫の発生を自動で予防できる

次に衛星環境を整える事が出来ます。

厨房の什器下は、手動の清掃では届かない部分が多いです。

什器下を放置しておけば、害虫発生の原因となってしまいます。

害虫が発生してしまうと大きなスキャンダルともなってしまいます。

 

しかし、床面自動泡洗浄システムで壁際に配管を設置しておけば、

毎日自動で什器下を泡洗浄してくれます。

 

たった1つの泡洗浄機が衛生面の大きな向上まで図ってくれますので、

害虫駆除の手間が激減します。

 

厨房の床洗浄の自動化は従業員への貢献度が大きい

厨房の床洗浄の自動化は従業員への貢献度も大きいです。

仕込み、食事の運搬、食器や食材の後片付けが終わって、

体力的にへとへとの中の床洗浄は、疲労感がかなり増します。

 

その最後の重労働を自動化することができれば、

従業員の体を助ける役割になります。

 

これって物凄く従業員の方への貢献度が高いことで、

このような運営をしている介護施設は、

無理な残業を極限まで減らそうとする運動が口コミとして回ります。

人が集まるようになりやすいのです。

介護業界の残業を減らす事に関してのまとめ

介護業界の残業を減らす事に関しての今回のまとめですが、

・外国人労働者を増やして、人手不足を解消すること

・ITやシステムに労働を任せる事

この2つになります。

 

わたしたちの床面自動泡システムのアワシャーのメリットについて書いた記事を下記のリンクに貼っておきます。

→ アワシャー 9つのメリット

 

また実際にお客様の体験記事の方も同様に下記に貼りますので、

是非読んでもらえたらなと思います。

→ 某スーパーがアワシャーを導入して、自動で厨房清掃が可能になり、体力的に楽になった体験

 

では今回は以上になります。

ありがとうございました。

関連記事