toggle
床面自動泡洗浄システム「アワシャー」
2019-10-24

自動床洗浄機アワシャーを導入したら、ゴキブリの発生が今年ゼロだった某スーパー厨房の話

こんにちは、アワフルです。

私たちは、自動床洗浄機のアワシャーを販売していますが、

またしても実際にお使い頂いている某スーパーのお客様から、嬉しい声をお聞きしました。

自動床洗浄機と聞くと、「床洗浄を自動化する」だけに聞こえますが、決してそうではありません。

今回紹介するのは、アワシャーを導入してから「ゴキブリの発生」がゼロになったお客様のお話です。

自動床洗浄機アワシャーを導入したきっかけは、厨房の仕事が忙し過ぎたから

某スーパーのお客様は、

たった2人の人手でとても忙しい厨房を仕事を毎日こなしていました。

人手不足が深刻化していて、

厨房の仕事となると、お惣菜の仕込みから、料理、それらをプラスチックの惣菜の箱に詰めて、店舗内に出します。

これにプラスして、時間が経ったものは値引きシールを作成して貼ります。

とてもザックリと書いてしまいましたが、

これだけで1日が終わる仕事量です。

しかし、最後に残っているのは、厨房の床清掃です。

いくつかフライヤーを使っている理由から、床や什器下にはしつこい油汚れが付いてしまいます。

だから、どうしても床清掃には時間がかかるのですが、

水洗い→洗剤と水を混ぜてバケツに入れて撒く→ブラッシング→水洗い

この作業が物凄く時間がかかっていて、厨房にいる2人では中々回す事が出来ませんでした。

自動床洗浄機のアワシャーを知って、たった2人の厨房の作業を大きく効率化出来ると導入を決定

アワシャーを知った時に、深刻な人手不足での過労な厨房の仕事を、

床洗浄だけでも自動化出来れば、だいぶ変わると思ってくれたみたいです。

それに加えて、什器下という、手清掃では到底届かない箇所を自動で洗浄することが出来ます。

アワシャーを稼働することによって、

2人の厨房で働く方は調理をしている間に、アワシャーで床洗浄を機械に任せることが出来ます。

となると、たった2人しかいないのが、アワシャーが加わることによって、

3人、4人の労働力を補う事が可能になるのです。

これは物凄いポテンシャルだなとなったようで、

導入を決めて頂きました。

自動床洗浄機のアワシャーを導入して、ゴキブリの発生がゼロになる「大きなシナジー」が生まれた

たった2人の厨房の仕事をこなしていたのが、

アワシャーを導入することによって、人間は2人なのに、3人、4人分の労力を発揮することに成功しました。

調理をしながら、アワシャーを稼働して、厨房の労働全体の時間短縮になったり、

時には、アワシャー×ブラッシングもするようですが、

床洗浄の時間が圧倒的に短縮となりました。

これだけでも、結構大きな変化がありましたが、

スーパー側が予測してなかったのは、アワシャーを入れてからゴキブリが出なくなったとのこと。

もしも、ゴキブリが発生して、店内に出現してしまった時には、

食品事業自体の大きなリスクとなります。

しかし、アワシャーを導入することで、害虫駆除業者を使うことなく、

ゴキブリの出現がゼロになった事に関して、物凄く感謝されました。

床洗浄と、害虫予防を同時に行えるアワシャーは、コスパも良いですよ。

是非、興味がある食品業者様や、厨房を使っている事業者様は、

気軽に問い合わせをしてもらえればと思います。

では、今回は以上になります。

関連記事